ロゼワインの飲み頃に適した温度は何℃くらいかご存知ですか?普通に冷蔵庫で冷やした場合は出してすぐ飲めるのでしょうか?意外と飲み頃温度は軽視されがちな部分ですがロゼワインを飲む場合の適温について探ってみましょう!

ワインは冷やすのか冷やさないのか?の問いについて

一般的に、赤ワインは常温で白ワインはよく冷やしてとよく言われますよね。
この常温という定義が生まれたのはヨーロッパのクーラーもない時代の頃にワインを管理していた部屋の温度のことを指していたのだそうです。
いわゆるひんやりとした、薄暗い洞窟のようなところ(CAVE)をイメージしていただいたらわかりやすいですが、湿気も適度に保たれていて夏でもひんやりと感じることができる14~17℃です。

ワインにはタイプに応じて適温があります

ワインを適温を知る時、考え方にポイントがあって「酸味」「タンニン」「甘み」に注目してみましょう。
酸味は温度を下げることでより引き締まり、上げることでぼやけてきます。
タンニンは温度を下げると渋みが硬く感じられ、上げることでまろやかに感じることができます。
甘味は温度を下げるとさっぱりとしてきますが、上げるとしまりがなくなってぼわっとした感じになります。
したがって、ボージョレ・ヌーボーのような酸味が多くてタンニンが少ないタイプのワインは、赤ワインでも冷やした方が美味しいと言えるのですね。
白ワインでも酸味が穏やかで、樽熟成をかけたようなまろやかなタイプだと、比較的高めの温度でいただきます。
また味わいのキレや泡が特長のスパークリグワインは、泡のきめ細やかさを味わうために、冷やした方が美味しく感じられます。

ロゼの適温は?

甘口~やや甘口
甘口の場合は、高いと甘さが際立ちすぎてしまうので、6~8℃くらいといわれています。
やや辛口~辛口
辛口寄りのロゼの場合は、8〜10℃くらいが目安といわれています。
スパークリングロゼの場合は、どちらかというと白ワインに近いようなイメージかもしれませんが、冷やして味わいをクリアな印象に整えてから飲んだ方が、美味しく感じることができます。
スパークリングも、冷蔵庫で6〜8℃くらいまで冷やしていただきましょう!