ロゼワインはどのような素材を使ったお料理と合わせられるでしょうか?ロゼワインと相性のいいおすすめのお料理やメニューについて探ってみましょう。

ロゼはオールマイティー!

実はロゼは家庭料理程よくマッチしてくれるオールマイティーなワインなのです!
日本の和食に使う調味料とも相性がいいことから、とにかく合わない食べ物はほぼないというのが人気の理由のひとつとして挙げられます。
ためしに、気に入った手頃なロゼワインを1本買って、今日の夕食と一緒に合わせてみてください。
なんでもない普通のお惣菜も、しっかり贅沢に味わえてしまえるところがロゼの良さです。

自然素材の味わいを楽しむ野菜料理

冬の寒さで身が引き締まり、パワーを貯め込んだ春に出回る野菜には、アクが強い味のものもありますが、ロゼの酸味やしっかりした味わいが見事に調和してくれます。
基本、お塩と醤油、各種のお味噌などシンプルな味付けにも対応して、濃くしっかりさせたい時にも負けることがありません。

焼き鳥・天ぷら

焼き鳥や天ぷらなど、外食のおひとりさまメニューの場合、これまでは白のグラスワインを選ぶことが多かった人にとって、ロゼがあると華やいだ気分になりますので是非メニューに載せていただきたいものですね。
自宅で簡単な焼き鳥、テイクアウトの天ぷらをいただく場合、ロゼは本当に便利です。
高温で調理される素材、炭火であおられながら香ばしく焼かれたお肉、塩気や油気との相性抜群なため、食が進みます。

中華料理、韓国料理、エスニック料理

中華料理にもロゼが合います。
点心などの蒸し物にはエビやカニが使用されています。色として同系色で揃いますし、前菜のサーモンやクラゲ酢などともさっぱりとした味わいの組み合わせが楽しめます。
韓国料理やエスニック料理は、以前はワインの味わいをかき消してしまうため、合わないといわれていたことがありますが、もともとロゼワインが混ぜられて造られたワインが多いことなどもあり、お料理に使われた強い香辛料にも負けることがなく、マリア―ジュを楽しむことができるのは、ロゼの特長のひとつといえそうです。
タイ料理はスパイシーで、深い魚介類の出汁も出てスープを楽しむものがありますが、こうしたお料理ともロゼは合いますので、万能選手であることは間違いなしですね!