きれいな歯並びに憧れて矯正を考えているけれど、「ワイヤーは痛いのでは」「お金がかかりそう」と悩む人は少なくありません。また大人になってからの矯正は、見た目や費用についても心配です。笑いたいけれど矯正器具が人に見られるのが恥ずかしい、と悩む人もいます。そこで大人になってからの歯の矯正を考えている方におすすめの、マウスピースを使った歯の矯正についてどういった治療法なのかをご紹介します。

マウスピース矯正とはどんなもの?

マウスピース矯正とは、歯の上にマウスピースをはめて歯の矯正を行う治療法です。マウスピースと聞くと、スポーツ中に口の中を守るものや、病院で内視鏡検査をするときに使うものを思い浮かべるかもしれません。口の中に入れる器具であることは同じですが、歯科では寝ているときの歯の食いしばりや歯ぎしりを防ぐための医療用マウスピースとは別に、歯の矯正でもマウスピースを使用します。透明なマウスピースを歯にかぶせるため、見た目には矯正していることが周りからは分かりません。

インビザラインとは?

マウスピース矯正で使用するマウスピースには、製造している会社によって種類があります。その中でも多くの歯科で採用されているのがアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が販売しているインビザラインです。透明なマウスピースを使った矯正には定評があり、歯科向けのセミナーなども行われています。口腔内スキャンを利用することで、より正確なマウスピースを使った矯正ができることも大きな特徴です。

従来の矯正とマウスピース矯正との違いは?

歯の矯正は、成長過程にある子供の頃に診察を受けながら行うのが最適とされています。それは生え替わる乳歯があるため、矯正時に健康な歯を抜いたりしなくてもいいなど負担が少ないことが理由として挙げられます。ただ、歯の矯正には時間がかかることや、痛みも伴うため、見た目だけの問題なら矯正が必要ないと判断されることがほとんどです。大人になってから歯の矯正を考えるきっかけとなるのは、かみ合わせの悪さから息が漏れる、うまく物がかめないといった生活への影響によるものです。また歯並びが悪いと、歯みがきをしてもどうしても汚れが残りやすくなります。そのため菌が増殖して虫歯や歯槽膿漏になりやすくなってしまう可能性が高くなります。そのため早めに歯の矯正をする必要があります。歯の矯正は、マウスピースを使った方法とは別に、従来の方法で2種類の矯正があります。

ワイヤー矯正

一般的によく知られているのが、ワイヤーを使って歯を固定する歯列矯正です。歯の表面に「マルチブラケット」と呼ばれる矯正器具を取り付けます。ブラケットには金属の物とセラミックやプラスチックを使用した物とがあります。またワイヤーが白いものなどもあり、一見して矯正しているのが分かりづらくなっている製品もあります。

裏側矯正

リンガルブラケットと呼ばれる器具を、歯の裏側に装着する矯正方法です。表側に装着すると目立たないとはいえやはり矯正していることは分かってしまいます。裏側矯正の場合は歯の治療で大きく口を開ける必要があるとき以外には、見た目では矯正していることが分からないため心理的な負担を軽減することができます。ただし内側にブラケットがあるため、常に口の中に違和感があるのがデメリットです。

マウスピース矯正

従来のワイヤーを使うのではなく、歯に合わせて作ったマウスピースを、矯正の進行に合わせて取り替えていく矯正方法です。取り替えるため衛生的に安心であることに加え、自分で取り外しができること、ワイヤーのように食べ物がつかないので食事が自由に楽しめることなどメリットの多い方法です。ただ、取り扱いのない歯科ではできませんので注意が必要です。遠藤歯科は従来の方法とマウスピース矯正とどちらも取り扱いがありますので、ぜひ診察を受けてみましょう。